55歳で時給950円の元スーパー店員が不労所得で生きていく!

TrimPipsプロトにpips表示削除で決済処理を追加する

TrimPipsプロトの一覧

ご訪問ありがとうございます。

ひろしです。

 

前回

TrimPipsプロトにブレークイーブンラインを追加する
TrimPipsプロトの一覧 ご訪問ありがとうございます。 ひろしです。 前回 こんなコメントを頂きました。 ひろし:「えっ? ブレークイーブンライン?」 ...

 

こんなコメントを頂きました。

pips表示削除で決済。。。。

ラベルのイベントが取れることができれば
できそうです。

やることは2つ

  1. ラベル削除のイベントを判別
  2. 削除されたラベルに該当するチケットNoをクローズ(決済)する

では、やってみましょう。

 

ラベル削除のイベントを判別

ラベル削除時には 、OnChartEvent()で第1引数(id)が
「CHARTEVENT_OBJECT_DELETE」で
入ってきます。

なので

これで、ラベルの削除が判別できます。

 

オーダーNoの取得

OnChartEvent()の第4引数(id)sparamは、”ProConx_オーダーNo” の
文字列が入ってきました。
なので、’_’をデリミタとして分割すればオーダーNoが取得できます。

 

決済処理

あとは、取得したオーダーNoで
OrderSelect()してOrderClose()すればできあがりです。

 

 

実は最初、ともさんからのコメントをよく読まず、
pipsのラベル削除時ではなく、ラベルのダブルクリック時に
クローズ(決済)処理を行おうとしていました。

OnChartEvent()では、ダブルクリックが取得できなくて、
ちょっと暗雲が立ち込めてきました。

でも、そこで再度コメントを読み、ラベルの削除時ということに
気づきました^^

 

最終形(コメントもそのまま)

 

 

–2020/12/28追記–

PIPS削除で決済を行わない

しばらくブログを見ていなかったのですが
見るとこんなメッセージが

おー、確かに!

これは、よろしくないですね。

非選択状態は、調べないと行けないのと
個人的には、表示後すぐにドラッグしたいので
とりあえず、そのままに(ご要望があれば対応するかもしれません)

まず、フラグを追加(ファイル読み込み対応のため2箇所)

あとは、イベント処理に一発判別処理を入れればできあがり!

 

この追加により、デフォルトでは、PIPSラベルの削除で決済されません。

一旦、起動時の「パラメーターの入力」で

①[PIPS表示削除で決済する]で[true]を選択する
②[この画面の設定で動作する]で[true]を選択する
③「OK」ボタンをクリックする

を行ってください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら

TrimPipsプロト 待機(予約)注文を無視する
TrimPipsプロトの一覧 ご訪問ありがとうございます。 元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。 前回 今回は、以下のご質問の対応です。 おっさん 2020年 9月17日 返信 引用 編集 ...

ダウンロードはこちら→「TrimPipsプロトダウンロード申請」

TrimPipsプロトの一覧

モバイルバージョンを終了