5分でできるチョー簡単TitanFXの口座開設方法

TitanFX

TitanFXの一覧

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回

TitanFXの魅力的なボーナスとは
TitanFXの一覧 ご訪問ありがとうございます。 元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。 前回→「TitanFX から電話がかかってきた。」 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知...

今回は、ついにTitanFXの口座開設を行います。

これを知ることであなたは、

手軽にステップ by ステップで、
TitanFXの口座開設が行えます。


逆に、知らないと
せっかくスプレッドが狭いTitanFXが
目の前にあるにも関わらず

いつまでもスプレッドの広いFX業者で
トレードし続けることになります。

あなた:「いや、ちょっとメンドイんで」

確かに新たに口座を開設するのはメンドイです。

とはいえ、開設までに5分もかかりません。

ちょっとだけ頑張ってみましょう。

マインドセットします。

マインドセット
ちょっと入力するだけでスプレッド極狭の世界が待っている

ぶっちゃけ、書類審査もややゆるいので
TitanFXの口座開設は簡単です。

では、やっていきましょう。

Step1.
TitanFX口座開設をクリックする

Step2.

 

「リアル口座を開設」を選択する

 

アカウント作成

お申し込み口座を選択 個人か法人かを選択します。例)個人取引口座
あなたのメールアドレスを入力します。 例)abc@ggmail.com
パスワード TitanFXの会員ページおよびMetaTrader MT4/MT5にログインする際のパスワードを入力します。
*入力したパスワードは控えておきましょう
チェックボックス チェックします。

 

取引口座

プラットフォーム 後で追加できるのでMT4/MT5どちらでも構いません。
MT5の方が新しいのでやや使いやすいのですが、MT4は対応しているEAが多いです。
迷ったらコチラ⇒ MT4とMT5はどっちがいいのか?
例)MT4
後で口座を追加できるのでスタンダード/ブレードどちらでも構いません。
・スタンダードスプレッドが広いが手数料がかからない。
・ブレード口座はスプレッドは狭いが手数料がかかる。
取引コストは同等です。
例)スタンダード
レバレッジ 高いほうがメリットが多いです。少ない金額で大きい取引ができます。
後で変更可能です。
例) 500:1
ベース通貨 入金する際の通貨です。 JPYだと円になります。
例) JPY
チェックボックス チェックします。

 

 

個人情報

 

名前をローマ字で入力します。例)Hiroshi
名字をローマ字で入力します。例)Futoshita
生年月日 例) 1999年1月15日の場合 →15/01/1999
国名 Japanを選択します。
電話番号 であることを確認し電話番号を入力します。例) 090-1234-5678
住所 番地・部屋番号をローマ字で入力します。例) Fuda
市区町村 市区町村名をローマ字で入力します。例)Chofu-Shi
都道府県 都道府県名をローマ字で入力します。例)Tokyo
郵便番号 郵便番号を入力します。(ハイフン不要)  例) 1820024

 

住所入力がわからない場合は、こちらのサイトで住所を英語に変換できます。

 

これでメールが届くので[確認]をクリックします。

あとは、「身分証明書」と「現住所証明書」を送ればOKです。

書類に不備があるとこんなメールが来ます^^

 

TitanFXの一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました