FXismプロコントローラーもどき オーダー機能を削除する

MQL4

FXismプロコントローラー改もどきの一覧

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FXismプロコントローラー改 もどきの現状」

これを知ることであなたは、

FXismプロコントローラーの
核となる機能を無料で
手に入れる事ができます。


逆に、知らないと
「FXismプロコントローラーっていいな」
と思いながら、
「ちまちま」と一つづつポジションを
決済しないといけません。

今回は、プロコンもどきの現状について
お伝えします。

ありがたいことに、ダウンロードした方から
メールをいただきました。

 

なんと [BUY]のときに「error : 129 」が
出るとのこと、

その後、お使いのFX口座を聞いたところ
「GemFX」だと言うことがわかりました。

実際に「GemFX」で試すと
エラーが表示されました。

 

「Error :129」の原因を調べると
注文時の価格が離れすぎてるとのこと

対策として、

一発、RefreshRates()関数なるもので
リフレッシュし

NormalizeDouble()関数を呼べば
いいとのこと。

やってみようと思ったのですが。

ひろし:「そもそもオーダー機能っているのか?」

って事に気づきました。

 

このオーダー機能は、元となった
サンプルについていたので
そのまま使っていたのです。

でも、オーダー機能は、
MT4の機能を使ったほうが
安心、安全です。

なので、削除することにしました。

でも、そうすると

ひろし:「画面のPIPS表示ができなくなる」

と思ったのですが、

現在のチケットに対する表示がなければ、
新たに描画することで解決しました。

ま、結論として

・オーダー機能を削除
・PIPS表示を強化

しました。

マインドセットします。

マインドセット
物事には必ず解決する方法がある
実は、個々のPIPS表示させるために
オーダー機能をつけていたのですが、
オーダー機能なしでも、実装できることに
気づきました。

 

メールをくださったユーザーさん
ありがとうございます。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
「プロコンもどきダウンロード申請」
をクリックする

Step2.

「プロコンもどき」のダウンロード申請する

Step3.

「プロコンもどきダウンロード」を開き
インストールする


Step4.

使ってみる

以上です。

でひ、「プロコンもどき」を使ってみてください

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「プロコンもどきダウンロード申請」

 

—2020年8月20日 追記—

リオン式を実践するに当たり、
本家に近づけるためちょっと変更しました。

変更箇所

  • フォントの変更(全体的にくっきり)
  • ボタンを横に配置に変更
  • ボタンのキャプションを日本語に変更

※機能に変更はありません。

 

 

 

つぎ→「FXismプロコントローラーもどき PIPS消去、スクショの追加」
 

FXismプロコントローラー改もどきの一覧

コメント

  1. とも より:

    はじめまして ともといいます。

    PROCON X ダウンロードさせて頂いて使ってみました。

    私も本家がとても気になっていたのですが、

    高額なので躊躇していました。

    ありがとうございました。

    ひとつ要望があるのですが、

    個々のPIPS表示についてです。

    本家も同じだと思うのですが、例えば1ロットを3本立てていて

    そのうち1本だけ切りたいとなるとターミナルからということですよね。

    個々のPIPS表示を消したら決済ということは可能でしょうか?

    私もEA勉強したいのでよろしければソースを公開していただきたいです。

    厚かましいお願いで恐縮です。

    これからもがんばってください。

    応援してます!

    • hiroshi より:

      ともさん
      コメントありがとうございます。

      >個々のPIPS表示を消したら決済ということは可能でしょうか?
      あー、それは使いやすそうですね。
      今度挑戦してみます。

      >私もEA勉強したいのでよろしければソースを公開していただきたいです。
      公開したいのは山々なのですが、
      ツッコミどころ満載なのでお見せできる
      ものではありません。

      とはいえ、公開することで一層ブラッシュアップされるなら
      いいかもしれないですね。検討します。

タイトルとURLをコピーしました