FXismプロコトローラー改もどき(プロコンX) MT5対応への道

MT5対応

ProConX MT5対応の一覧

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「プロコンX お試し版 (期間限定)」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、
MT4とMT5の違いを知ることが
できるのでどちらを使えばいいのかが
わかります。

例えば、あなたの知人Aさんに
Aさん:「あのー、MT4とMT5どっちを使えばいいんですか?」

って聞かれたら、自信を持って

あなた:「あー、君の場合は、〇〇ですよ。」

と答えることができます。


逆に、知らないと

あなた:「えーと、えーと、MT5がいいらしいけど。
なんとなくMT4で。的な」

てな感じのままです。

結論から言うと、スペック的にはMT5が
断然いいのですが、仕様変更がエグすぎて
MT4用のツール(EAやスクリプト)が追従できなかった
わけですね。

なので、ツールを使わず単体で使うなら
MT5がいいですが、

あなたの使用したいツールが
MT5に対応していなければ
MT4で使わざるを得ません。

という前置きの元

プロコンXもMT5に対応することにしました。

まずは開発環境

エディタの配色をほぼ同じにします。

とりあえず、コピペでコンパイルします。

地獄のようにエラーが出ました。

初っ端の

 

がエラーになるので、諦めて
ウインドウだけ作ることにしました。

 

中身を空っぽにすれば
とりあえずできました。

しかもサイズ変更機能付きです^^

 

 

MQL4のOrderSelect(ticket,SELECT_BY_TICKET,MODE_TRADE)

がなくなって

これを宣言して

やるといい

注文、約定、ポジンションをまず
理解する必要がある。

注文   ⇔  取引  ⇒ ポジション(1通貨ペアに1つだけ?)

うーん、成行で注文を出して
売買が成立するまでの期間が「取引」タイム(おそらく)

厳密に細かいことができるみたいだが
とりあえず取引は無視してOK?

オーダー から 取引まで、はてまたDeal 約定まで

ロットが大きいとDealが分割される

いろんな単語が出てくる。
しかもサイトによって、単語の呼び方が違う?

 

とその前に

ヘッジタイプとネッティングアカウントっていうのがあるらしい。

ネッティングアカウントの場合は、両建てできない、ナンピンできない。

参考URL→https://fxantenna.com/what-difference-mql4-mql5/

 

まずは、現在のポジションを取得(この言い方が間違い?)

MQL4の場合

で、MQL5の場合、

とやってみたが。。。。

ポジションがあっても 通らない。???

 

どうやら予約中のチケットが通る。

んんー、やっぱりポジンションでいいみたい。

というわけで、ポジションでそれっぽく
すると。

ポジンションのプロパティ

 

なんとなくよさげです。

 

 

 

 

 

 

 

MQL4

OrersSend
成行注文
OrderSend
指値注文
OrderModify
注文変更
OrderClose
ポジション決済
OrderDelete
注文キャンセル

は、すべて

OrersSendに集約された

 

int  HistoryDealsTotal();

 

 

 

ポジションのクローズ

 

 

お~簡単簡単。
と思いきや失敗してしまう。

とやっても
こういうログは吐かれるのだが
失敗する。

ほかにもやってみたが

どれもNGである。

なんというか
このインスタンスの実態がわからない
どうやって設定するんだ?

 

 

わからん

わからん。

わからーーーん。

 

と思いきや、ちゃんとエラーメッセージを見ると。

auto trading disabled by client

なんとなく設定がdisableになっているっぽい。

で、以下の2つをチェックしてみた。

 

減少変わらず。

グーグル先生に聞くと。。。

こんな説明が。。
なんかいけそう。

TERMINAL_TRADE_ALLOWED

 

画面左上の「アルゴリズム取引」をONにすると。

 

できたー。

とりあえず、単一通貨のクローズはできました。

 

自分に対するマインドセットです。

マインドセット
エラーメッセージをよく読め。
Google先生は何でも知っている。

自分で考える事を避け、
闇雲にサンプルを漁っていました。

ちゃんと対峙すれば
即、解決したのでした。

とはいえ、大きな進歩です。

今回のおかげで、起動時に
「アルゴリズム取引」が
ONかどうかのチェクも行えそうです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「ProConX MT5対応 がーん、画面がバグる」

ProConX MT5対応の一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました