ひたすら利益を積み上げる究極のハイブリッドFX

FX

元スーパー店員でFXの達人ひろしです。

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FX自動売買だけでは稼げない(DST-systemの限界)」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

毎日毎日、確実に利益を
積み上げていくことができます。

 

Amazon | 幸福の金塊シリーズ♪アクリル金塊パーツ(1袋約380~400個入) | おもちゃ雑貨 | おもちゃ

 

例えば昨日も8000円程度ですが
天から降ってきました。

資金に対して低レバレッジで
コツコツと積み上げていく感じです。

しかもこれは、月利5%~8%の
福利で増え続けます。


逆に、知らないと
FXの波に翻弄され、
勝ったり負けたりしながら
結局、大して増えなかったり。

場合によりFXの大海原から「退場」
と言うことになってしまいます。

私が、考案した「ハイブリッドFX」とは
自動売買と裁量を組み合わせた手法です。

しかも「値ごろ感」だけでできるので
移動平均線すら必要ありません。

  • 上がったらショート
  • 下がったらロング

これの繰り返しです。

その結果

DST-systemとDST-systemβ以外に
利益を積み上げる事ができます。(上記画面の緑色の背景部分)

 

 

相場ってのは、ほとんど場合、レンジ相場なので
おもしろいように利益を重ねられます。

 

ハイブリッドFXの生い立ち

FXの自動売買DST-system(DST-system β含む)
VPS で動かし、しばらく動向を観察していました。

確実に、利益を積み上げられるのですが
チャートを見ているともどかしいことが多いのです。

明らかに入ってほしい場所や
決済してほしい場所が出てくるんですよね。

最初は我慢していました。

ここでエントリーしてしまっては、
「自動売買でなくなる」

「エントリーしてしまったら正しい検証ができない」

と思っていたのですが、

 

てかエントリーしても良くね?

ってことでエントリーすることにしました。

ざっくりルールとしては、

自動売買と同じロット数でエントリーする
15pipsで利確する。

複数エントリーする場合は、現在の
ポジションから15pips離れてから
エントリーする。

このルールでレンジ相場でエントリーをはじめました。

レンジ狙いなので適当に上下して
くれればおもしろいように利益を
重ねられます。

その結果

毎月6%以上の利率で増え続けています。

これは、マジでやばいです。

2年後には、1千万円を超えるので考えただけで
ワクワクしてきます。

 

 
マインドセットします。

マインドセット
資金管理を徹底せよ。

ハイブリッドFXとは
要するに、自分の資金に合わせて
安全なロット数でエントリーするだけです。

その積み重ねが、大金を生み出すのです。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
DST-systemとDST-system βを動かす


Step2.

明らかにエントリーした方がよい場面で
自動売買と同じロット数でエントリーする。


Step3.

複数エントリーする場合は、最低でも
15pips離す。

この単純なルールでおもしろいように
勝てます。

とはいえ、あくまでも自己責任で
行ってください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「DST-systemで大損害!」

コメント

  1. 善ちゃん より:

    初めまして。
    DST-systemでぐぐってたらたどり着きました。
    なんか、自分も30年ぐらい目にスーパーで、しかも精肉部門やってたので
    妙に親近感わきました。

    あなたのおかげでDST-system導入に踏み切れました、ありがとうございました。

    ハイブリッドFX凄そうですね。

    差し支えなければ教えてください。
    ハイブリッドFXは、上がったらショート下がったらロングとのことですが
    DST-systemが買いエントリしたポイントから
    ・下がれば買いエントリー
    ・上がれば売りエントリー
    を入れるということですか?

    それは一定の幅動いてからでしょうか?

    よろしくお願いします。

    • hiroshi より:

      善ちゃんコメントありがとうございます。

      >DST-systemが買いエントリしたポイントから
      ・下がれば買いエントリー
      ・上がれば売りエントリー
      を入れるということですか?

      基本は、そうなのですが、現在の買いが多い場合は、
      売りのみにしています。
      詳細については、また、記事にしていきます。

タイトルとURLをコピーしました