FX実践 究極の勝ちパターン グランビルの法則4番

実践編

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FX実践 移動平均線に隠された8つのパターン(グランビルの法則)」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

FXにおける究極の勝ちパターンを
手に入れることができます。


逆に、知らないと
いつまで経っても
相場に振り回され、勝ったり負けたり
負けたり勝ったり

そしてある日、「ドカーーーん」と
負けて

。。

そして

。。。。

。。。退場です。

 

そうならないために、今回の記事は
しっかりと腑に落としてください。

 

それは、グランビル法則の何番を狙うべきかということです。

グランビルの法則には、買シグナルとして①~④の4つがありました。

この中でどれが一体狙いやすいのでしょうか?

①は、移動平均線とクロスするので
わかりやすいのですが、実際は、
そのまま上がらずに下がることが
多々あります。

②は、そのまま下がることがあります。

③は、見極めが難しいです。
そもそも移動平均線から大きく離れたらの
「大きく」ってどのくらい?って話です。

ここで⑧番は、どうでしょうか?

あなた:「いやいや、そんな上がったところで入れへんやろ」

そのとおりです。

しかしながら、その天井の位置が大体
予想できるとしたら?

あなた:「まじか?」

はい、フィボナッチを当てることで
天井がわかります。

実際は、予想が外れることも
もちろんあります。

でも、まだ⑧は継続です。

しかも一層、チャンスは膨らみます。

負ければ負けるほどチャンスが
膨らむのです。

あなた:「でも資金が」

はい、なので、最初は少額で
エントリーしましょう。

ここで、重要なのは、グランビルの4(⑧)だけ
取り逃しても、チャンスタイムは継続される
ということなのです。

マインドセットします。

マインドセット
グランビルの4(⑧)を狙え

移動平均線からの乖離というのは、
ようするにグランビルの4(⑧)
だったのです。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
メタトレーダーを開く
Step2.

グランビルの4(⑧)を探す
Step3.

ここでエントリーしていたらどうなったかをイメージする

では、早速メタトレーダーを開いてください。

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「FX実践 チャートに隠された謎、エリオット波動基礎の基礎」

コメント

タイトルとURLをコピーしました