FXismプロコントローラーもどき 設定をファイルに保存

MQL4

FXismプロコントローラー改もどきの一覧

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FXismプロコントローラーもどき property strict に挑戦」

前回、property strictが有効となったので
パラメータの入力が日本語表示されるようになりました。

 

 

そして内部的にもここで指定された
フォントサイズを採用するように
変更しました。

 

しかーーーーーーーーーーーーーーし、

起動ごとにこのパラメータを設定する必要があります。
それはイケてないです。

 

なので、設定をファイルに保存することにしました。

例により豊嶋先生の本にありました。

 

比較的簡単に読み込めるようです。

 

こんな風にやれば、かってに
‘=’をデリミタとして読み込んでくれるとのこと。。

。。

 

あれ? うまくいかない。

ログに吐き出したところ、どうやら
デリミタを認識していないようです。

 

なので

  • ファイルの拡張子を’ini’から’TXT’に変更。
  • デリミタを’,’に変更。

してやってみたけど一向に変わらない。

 

わかったー

ファイルオープン時のパラメータは FILE_CSV に
する必要があるのです。

豊嶋先生。間違ってるやん。。

 

とはいえうまくいきました。

 

 

とはいえ、イマイチなのは

ファイルを読み込みより前にパラメータ設定があるのです。

理想としては、

①ファイルから読み込む
②パラメータ設定画面

となればいいのですが

①パラメータ設定画面
②ファイル読み込み

となるので

ファイルに設定を保存していたとしても
パラメータ設定の後にファイルの値を
読み込むため画面と値が異なってしまいます。
※この辺は本家ではどうしているのでしょうか?

 

とはいえ、機能的にファイル保存は、あったほうがいいので
ファイルの保存と読み込み機能を実装しました。

 

 

ファイルの書き込みは、デフォルトと
値が異なったときのみ行う。

 

仕様

1.パラメータ設定画面でデフォルト値以外にした場合、最優先となる

2.パラメータ設定画面で変更が無い場合は、ファイルから読み込んだ値で動作する

いうふうにしました。

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎ→「FXismプロコンもどきにブレークイーブンラインを追加する」

 

 

—–2021-04-10 追記—-

起動時に読み込むことを諦めれば、
ファイルの操作は、何も行わなくても
勝手にやってくれるようです。

ようするに
iput ……
は、ダイアログの保存、及び読み込みで
勝手に保存や展開されます。

 

 

FXismプロコントローラー改もどきの一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました