今後もFXをやるならTradeViewに乗り換えろ

Tradeview

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FXはどこの口座がいいのか→XM一択」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

FXでどの口座を開設するのがいいかが
わかります。


逆に、知らないと、なんとなく選んだ
口座でジワジワと高いスプレッドと

微妙なスリップで延々、地味に多めの
手数料を払い続けることになります。

以前私は、「FXはどこの口座がいいのか→XM一択」で、
FXで口座開設をするなら「XMだ!」と
言い切りました。

それは、ボーナスもあるし少ない金額で
始められるし万人受けする口座だからです。

すなわち、FXを始めようか悩んでいる人には
うってつけの口座だったからです。

ただ、あなたが「FXを生業としたい。」
「ある程度、資金がある。」
「スキャルピングをしたい。」
「チャラチャラした目先のボーナスより
安定したサービスを受けたい。」

といった、中、上級者用のFX口座なのです。

私自身、DST-systemでTradeViewを
使用しているのですが、おすすめです。

なので今回は、TradeView(トレードビュー)の
メリット、デメリットについてお伝えします。

TradeView(トレードビュー)とは

TradeView(トレードビュー)とは2004年創業で
CIMA(ケイマン諸島金融庁)ライセンスを持つ
海外FX業者です。
金融ライセンス CIMA License No. 585163

メリット

  • NDD方式なのでクリーンな取引である
  • 禁止取引・取引制限がない
  • 顧客資金に3万5000ドルの補償がある
  • ILC口座(ECN)のスプレッドが狭い
  • 取引銘柄が多い
  • 追証なしのゼロカットシステムを採用
  • ストップレベルが0に設定されている
  • 日本語対応のサポートが24時間
  • 板情報が閲覧できる

NDD方式なのでクリーンな取引である

TradeViewでの取引にはNDD方式が採用されています。
NDD方式とは、トレーダーの売買注文がFX業者の仲介を挟まずそのまま市場に流れる取引方式です。
ようするに「ノミ行為」が行われていないということです。
しかもトレーダーが心配する
・不利約定
・ストップ狩り
・スリッページ
・レートずらし
などの不正行為がありません。

 

禁止取引・取引制限がない

TradeViewは、禁止取引や取引制限がないので
堂々とスキャルピングなどのトレードができます。

 

顧客資金に3万5000ドルの補償がある

TradeViewでは顧客の資産に35000ドル(約380万円)の信託保全がしっかり組まれています。
万一、TradeViewが倒産してしまっても、あなたの預けていた資金が戻ってくる仕組みです。
なので、380万円以上の資金を預けることがなければ、TradeViewは安心して利用できます。

 

ILC口座(ECN)のスプレッドが狭い

TradeviewのILC口座(ECN)の平均スプレッドは、約0.2pipsと
海外FX業者の中でもトップクラスの狭さです。

ILC口座(ECN)は、取引手数料がかかりますが、
取引手数料も非常に安価です。

 

取引銘柄が多い

TradeviewはFX通貨ペア36種類、株式37種類、ETF27種類、
株式インデックス7種類、資源・貴金属を5種類の全107種類の取引銘柄があります。
ビットコインといった仮想通貨も手軽にトレードできます。
※ただしFX通貨ペアと株式・ETF等の商品を同一口座で取引できません。
別にTradeviewStocksという別口座を作る必要があります。

 

追証なしのゼロカットシステムを採用

海外FX業者では、もはや常識ですが
もちろん追証はありません。

 

ストップレベルが0に設定されている

ストップレベルというのは、指値・逆指値注文などを
行う際に、現行価格から必ず開けないといけない値幅です。

これが、通常のFX業者の場合、2pips程度開ける必要が
あるのですが、TradeViewの場合、0です。

ようするに、細かく指値、逆指値が注文できると
言うわけです。

 

日本語対応のサポートが24時間

日本人スタッフの対応もしっかりしています。
※私が口座開設時に書類がNGだったときも
親切な日本語のメールが届きました。

板情報が閲覧できる
cTraderを使うことで
FXでは珍しい板情報を閲覧することが可能です。

デメリット

  • テキスト最低入金額が10万円
  • ボーナスがない
  • レバレッジは最大200倍まで
  • 国内銀行送金に対応していない

最低入金額が10万円

ILC口座(ECN)の場合、最低入金額が10万円
最小取引単位が1万通貨となっています。

ボーナスがない

ボーナスがありません。

レバレッジは最大200倍まで

レバレッジがやや低めの200倍です。

国内銀行送金に対応していない

国内銀行送金に対応していないため
一旦、Bitwalletを経由する必要が
あります。

 

とはいえ、TradeViewではボーナスを実施しない代わりに、
「狭いスプレッド」「ストップレベル0」など、玄人向けの
サービスが充実しています。

なので、ガッツリFXをやるなら
TradeViewに乗り換えを考えるといいでしょう。

マインドセットします。

マインドセット
FXの口座選びは重要である

あなたが、FXの初心者であれば、ぶっちゃけ
どこでもいいと思います。

ただ、ガンガントレードしているのであれば
少しでも有利で安心できるFX口座でやるのは
必然です。

ぜひ、TradeViewを検討してみてください。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
Tradeview口座開設
をクリックする

Step2.

「TradeView口座開設」
見ながら登録する
Step3.

実際にトレードしてみる

では、早速「TradeView」
使ってみてから判断してください。

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「TradeView口座開設」

コメント

タイトルとURLをコピーしました