TradeView口座開設

Tradeview

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「今後もFXをやるならTradeViewに乗り換えろ」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

思考停止でTradeViewの口座開設が
できてしまいます。


逆に、知らないといつまで経っても
口座開設すらできないまま、
漫然と時が過ぎてしまいます。

実際、住所の証明書を準備するのは
ちょっとめんどくさいですが
後は簡単です。

なので、がんばってTradeViewの口座開設をしてみましょう。

Step1.
以下のボタンをクリックする
Tradeview口座開設

Step2.

①[スタンダード口座]を選択する(後から追加できるので、何でもいいです)
②[日本円]を選択する

Step3.

あなたの個人情報を入力する

 

名字をローマ字で入力する 例)Futoshita
名前をローマ字で入力する 例)Hiroshi
出生地 例) Japan
生年月日 例) 01 Jan 2000
国籍 例) Japan
例) Japan
都道府県 都道府県名 例) Tokyo
市区町村(ローマ字) 例) Chiyoda-ku
住所(ローマ字) 例) 1-1-2, Marunouchi
郵便番号(半角数字) ハイフンなしで入力する 例) 1000005
電話(半角数字) ハイフンなしで入力する 例) 09012345678
Eメールアドレス Eメールアドレスを入力する 例) xxxx1234@gmail.com
性別 例) 男性
選択してください 例) 未婚

 

Step4.

以下を適当(適切)に入力していきます。
以下は例です。

Step5.

 

政府ID書類

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

 

現住所確認書類(3か月以内に発行されたもの)

  • 住民票
  • 公共料金等の請求書
  • 銀行取引明細書
  • クレジットカード請求書
  • 市区町村役場が発行する国民健康保険証など

※個人番号カード(通知カード)、運転免許証、通知書などはNGです。
※書類は必要箇所だけでなく全体が確認できるもの→書類全体を写メしてください

 

Step6.

①マウスで署名する
②[署名の完了]をクリックする
③[☑]をクリックする
④[送信する]をクリックする

 

 

 

しばらくすると以下のようなメールが送られてきます。

 

お疲れさまです。
以上で完了です。

 

 

つぎ→「TradeViewへの入金方法」

コメント

タイトルとURLをコピーしました