FX実践 ダイアゴナル・トライアングル

実践編

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FX実践 衝撃波には、さらにこんなパターンも(トランケーション)」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

エリオット波動の変形パターンに
対応できるようになります。


逆に、知らないと

あなた:「これは、3波が一番短いナ。じゃ、衝撃波じゃない」

ってなり、エリオット波動の解析があらぬ
方向に行ってしまう場合があります。

そんな場合は、まず、エンディング・ダイアゴナルを疑いましょう。

あなた:「は?、エンディング・ダイアゴナル?」

はい。

まず、ダイアゴナル・トライアングル
として

エンディング・ダイアゴナル
リーディング・ダイアゴナル

ってのがあります。

エンディング・ダイアゴナル

 

以下のような波形です。

 

・5波目とc波目に出現する
・1波と4波の価格帯が重複する
・上側と下側を引いたトレンドラインが収束する
・内部波動は3-3-3-3-3(全て3波構造)

 

 

 

リーディング・ダイアゴナル

・1波目とa波目に出現出現する
・1波と4波の価格帯が重複する
・上側と下側を引いたトレンドラインが収束する
・内部波動は5-3-5-3-5(5波形成-3波形成-5波形成-3波形成-5波形成)


 

 

以上が、ダイアゴナル・トライアングルです。

ぶっちゃけ、知識としてはわかっても
実際のチャートで見つけるのは
なかなか難しいです。

マインドセットします。

マインドセット
波動がごちゃごちゃしているときは、ダイアゴナル・トライアングルを疑え

波動がごちゃごちゃしているときは、
「その通貨自体パスする。」ってのも
ありですが、狙っているときは、

ダイアゴナル・トライアングルも
視野に入れて解析してください。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
波動の終わりが3波が連続している

Step2.

する

Step3.

する

Step4.

する

では、早速チャートでエンディング・ダイアゴナルを
探してみてください。

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「FX実践 天井が自動的に分かる方法(フィボナッチ)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました