FX実践 サイクル理論「ポジポジ病から開放される方法」

実践編

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FX実践 フィボナッチ実践編」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、


FXにおけるトレードのパフォーマンスが
劇的に上がリます。

しかも、相場全体を俯瞰して
見ることができるようになるので、
落ち着いてトレードできます。

すなわち、何かしらエントリーしたくなり
ついついポジってしまう
「ポジポジ病」から開放されるのです。


逆に、知らないと。。

やばいです。

ついつい、目先の価格の上下に
振り回され、「ポジポジ病」に
延々、苛まれる事になります。

わたしも、かつて常に「ポジポジ病」に
悩まされていました。

いくら
ひろし:「意味のないトレードはしない」

と固く誓っても、

いつの間にか、意味のない
ポジションが増えているのです。

しかし、今回ご紹介する
サイクル理論」をマスターしてからは

スパッと「ポジポジ病」から開放されたのです。

では、その「サイクル理論」について
ご説明します。

サイクルにいろいろ種類はありますが、
以下の3つを抑えれば、とりあえずOKです。

プライマリーサイクル
メジャーサイクル
4H(アルファ)サイクル

プライマリーサイクル

週足のサイクル
ローソク足 30本程度
※人により定義が異なる

メジャーサイクル

日足のサイクル
ローソク足 35本~45本程度
※相場の方向性がわかる

4H(アルファ)サイクル

4時間足のサイクル
ローソク足 60~80本程度
※底や天井を付ける場合、短縮や延長を起こしやすい→イレギュラー

以上、ざっくり3つのサイクルがあります。
そして80%はこの上記ローソク足の本数に収まる
と言われています。

 

さらにサイクルの形にも以下の2種類があります。

ライトトランスレーション
レフトトランスレーション

ライトトランスレーション

中心より右側(ライト)に山(高値)が来る
→安値を切り上げる→上昇トレンド

レフトトランスレーション

中心より左側(レフト)に山(高値)が来る
→安値を切り下げる→下降トレンド

 

80%はこの本数に収まる

これらのローソク足の本数を
頭に入れておきエリオット波動と
ミックスすることで。。。

・5波動、3波動
どのトレンドをを取りに行くのかが明確になり
フィボナッチを当てる精度がどんどん上がります。

 

マインドセットします。

マインドセット
俯瞰できずにエントリーするやつはいつまで経っても雑魚

サイクル理論を意識することで、目先の
価格の上下に振り回されず俯瞰するように
してください。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
メタトレーダーを起動しドル円の週足にします。
Step2.
Zigzagのインジケーターを入れてみる

FX実践 MT4 ローソク足の数え方


Step3.

[+]でローソク本数を数える

では、早速メタトレーダーを起動してください
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「FXで勉強しても稼げない理由とは」

コメント

タイトルとURLをコピーしました