FX実践 衝撃波には、さらにこんなパターンも(トランケーション)

実践編

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FX実践 これも衝撃波(エクステンションを制覇しろ)」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

あなた:「えっ?、まじか。こんなのもありなんだ。」

という事になります。


逆に、知らないと

やばいです。

危うく、せっかくの衝撃波を見逃す
事になります。

そのパターンとは。

トランケーションです。

単語自体の意味は、

先を切ること、切頭、截断

です。

実際の形は、こうなります。

5波が3波を超えないパターンです。

これは、3波がエクステンションしたときに
多く見られます。

マインドセットします。

マインドセット
3波エクステンションしたらトランケーションがあるかも

「サードオブサード」と言って3波は伸びやすい
のですが、その際に5波は、

・「1波と同じ長さ」
・「1波の0.618倍」

となる傾向があリます。

で、その際に5波が3波越えない
事をトランケーションといいます。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
メタトレーダーを開く。

Step2.
ドル円(USDJPY)1時間足を開く。

Step3.
3波がエクステンションしている
5波形成を探す。

Step3.
その波動がトランケーションかどうかを確認する。

以上です。

では、早速メタトレーダーを開いてください。

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「リーディングダイアゴナル・エンディングダイアゴナル」

コメント

タイトルとURLをコピーしました