FX実践 移動平均線に隠された8つのパターン(グランビルの法則)

実践編

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FX実践 移動平均線からの乖離を狙え」
今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

FXにおけるチャートの基本パターンが
わかります。

これは、とても重要です。

基本パターンを理解することで
「大衆の心理」がわかリます。

てか、基礎中の基礎なので
サクッと暗記しましょう。


逆に、知らないと

ひろし:「ダメです。」

ありえないです。

ま、ちょっとなぞれば
理解できるので、大丈夫です。

要は、移動平均線をクロスするか
離れるかってことです。

相場というのは、常に移動平均線の
上を行ったり下を行ったりします。

平均線なので当然といえば当然ですが

多くの人がこの移動平均線を見ているので
非常に興味深い動きをするのです。

そこで抑えておきたいのが、
今回の「グランビルの法則」です。

マインドセットします。

マインドセット
グランビルの法則を制するものはFXを制する

では、グランビルの法則について
解説します。

グランビルの法則

下の落書きをみてください
黒の線がチャートで緑の線が移動平均線です。

4つの買シグナル

①横ばいまたは上向きに転じた移動平均線を上方向に突き抜けたとき
②上向きの移動平均線を一時的に下抜けしたとき
③上向きの移動平均線近くまで下落したとき
④下向きの移動平均線から大きく離れたとき

4つの売りシグナル(それぞれ買いの逆)

⑤移動平均線を下方向に突き抜けたとき
⑥下向きの移動平均線を一時的に上抜けしたとき
⑦下向きの移動平均線近くまで上昇したとき
⑧上向きの移動平均線から大きく離れたとき

これらのパターンを理解してください。

⑤~⑧は、①~④の逆なので
実質4パターンのみです。

 

 

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
メタトレーダーを開きます。

Step2.

実際のチャートでグランビルの①~⑧を探してください

レンジ相場だとダラダラしているので
トレンド相場で探すとすぐに
見つかります。

では、メタトレーダーを開いて
チャートを見てください

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「FX実践 究極の勝ちパターン グランビルの法則4番」

コメント

タイトルとURLをコピーしました