FX実践 エリオット波動・衝撃波のルール

実践編

ご訪問ありがとうございます。

元スーパー店員で不労所得生活を目論むひろしです。

前回⇒「FX実践 エリオット波動・衝撃波とは」
今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

FXのチャートを見て、一瞬で
「狙える」状況かどうかが
わかるようになります。


逆に、知らないと
いくらFXのチャートを見ても
「衝撃波」なのかどうかも
よくわかっていないので

結果。

スキルアップしないで時が過ぎていきます。

なので、今回の記事は、何度も何度も
繰り返して読んでください。

 

なぜなら、「狙える」状況というのは
「衝撃波」でかつ5波形成でかつ5波が
伸びていて、フィボナッチが当たる状態。。。

あなた:「ポカン?」

なのです。

とにかく、勝てる状況の最初の一歩なので
確実に物にしてください。

 

まず、ざっくり復習です。
エリオット波動には、推進波と修正波があり


推進波の中でも特定のパターンを衝撃波といいます。

そして衝撃波のルールとは。。。

 

衝撃波のルール

まず、衝撃波には3つの大きなルールがあります。

a.2波は1波の安値を下回らない
b.3波が一番短くならない。
c.4波は1波より大きい

a.2波(3波の安値)は1波の安値(5波動の始点)を下回らない(上昇トレンドの場合)

b.3波が一番短くならない。
3波は1波、5波より短くならない

c.4波の安値は1波の高値と重複しない。

マインドセットします。

マインドセット
衝撃波を見極めることでエリオット波動を制覇できる

今回の「衝撃波のルール」は、エリオット波動の
最も核となる部分です。

チャートの5波形成を見極める際に
この「衝撃波のルール」を当てはめることで
今後の可能性を紐解くことができるようになります。

では、今回の不労所得で月額100万への究極の方法です。

Step1.
衝撃波のルールは3つあるということを
理解してください

Step2.
「2波は1波の安値を下回らない」
「4波は1波を下回らない」
を理解してください。

Step3.
「3波が一番短くならない」
を理解してください

この3つのルールをしっかりと落とし込めば、
FXマスターはすぐそこです。

では、早速、衝撃波のルールを3つ
言ってみてください。

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「FX実践 フラクタル構造とは?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました